コルポ建築設計事務所

BLOG

野きろの杜


 
スノーピークが新潟市に開発する「野きろの杜」。6600坪の大規模なまちづくりまでやってしまうスノーピークすごいですね。その「野きろの杜」の景観ガイドラインがあるのですが、これがまた突っ込んだ内容でスゴい。
 

 
HEAT20のG2グレードが標準になっているのもスゴいですが、窯業系サイディング、金属系サイディングの禁止まで盛り込んでいるのがスゴいと感じました。サイディングを使わないだけで、街並みはまったく違う雰囲気になりますね。できたら、ぜひ見学してみたいです。詳しくはこちらから。
 

2021.12.02

Lemnos/Paper-Wood CLOCK


 
北海道の合板メーカー滝澤ベニヤのペーパーウッドを使った掛け時計。デザインはペーパウッドの開発も担当したDRILL DESIGNです。
掛け時計選びは個人的に難しいと感じているのですが、この掛け時計は良さそう。実は弊社事務所の打合せテーブルも滝澤ベニヤのペーパーウッドを使用しています。
 

 
大小それぞれとネイビー、グリーン、オレンジの3色展開。個人的には時間の誤差がない電波時計派なのですが、値段から想像するにたぶん電波時計ではないと思われます。詳しくはこちらより。
 

2021.11.30

蔵王半郷の家 はじまります


 
山形市蔵王半郷地内にて、あたらしい住宅の建設がはじまります。
いろいろ新しいことにもチャレンジする現場になるので、今から楽しみでもあります。
 
これから寒い時期になっていきますが、施工者さんと協力して、よい住宅にしていきたいと思います。

2021.11.29

WALL INTERIOR TVSTAND


 
こんなテレビスタンドがあったんですね。壁掛けにするよりも自由度が高いのでいいですね。今後テレビがどうなっていくのか微妙な感じなので、移動できたりしたほうが使い勝手が良さそう。わが家でもテレビ番組見るというよりは、モニター的な役割がメインになってきています。
 
家庭によってテレビの位置づけはいろいろ違いますが、お家を考える際にも場所を決めるのが難しいところではあります。このぐらい薄くなってくるなら、プロジェクターでもいい気もしてきますね。
 
詳しくはこちら

2021.11.18

ZEH水準を上回る断熱等級の設定


 
ようやく国の基準もHEAT20 G2/G3を断熱等級6・7に設定する方向で進みそうです。これで見るとわかりやすいですが、今の国の基準が等級4の省エネ基準というところになります。ZEHの基準はそれよりは少し高い基準ですが、今回設定される等級6・7に比べると低い性能になっています。
 
当事務所は、新たに設定される等級6(民間基準G2)を標準として計画しています。やまがた健康住宅ではレベル2。山形は雪国ですので、エネルギーの多くは暖房用に使うことになりますが、そのエネルギーをできるだけ少なくするためにも、断熱の性能をあげることは非常に有効です。そうして、一つの一つの住宅のエネルギーを減らすことでカーボンニュートラル、脱炭素社会へとつながっていくのではないでしょうか。

2021.11.10