コルポ建築設計事務所

BLOG

通風トレーニング

通風トレーニング
 
南雄三さんによる通風のトレーニング本です。風通りのよい家というのは、家づくりの基本ですが、なかなか通風の勉強ができる専門書ってないんですよね。この本は、南雄三さんと一緒に通風について、はじめから少しずつ勉強していくような本になっており、通風が視覚的に説明されているので、とてもよく理解できる本でした。
 
本の内容は、風の正体、通風の目的といったことから、実践的な通風計画まで網羅されています。高断熱・高気密も大事ですが、こういう自然をうまく取り入れる手法も住宅を快適にするには、とても大切なところです。実は、風の流れはFlowDesignerというシミュレーションソフトを使うことでいろいろ検討できるのですが、高価なソフトなのでちょっと手がでないですが、こういう本で通風を学び設計に活かせればと思います。
 
興味がある方は、どなたでも楽しく読めると思いますので、ぜひ読んでみてください。
 

2015.02.19

水野学のセンスは知識からはじまる

sense
 
グッドデザインカンパニー代表で、「くまもん」でも知られる水野学さんの本です。水野学さんの本の中で、この本がとても衝撃的でした。タイトル通りの、センスの話なのですが、どうもセンスというとキラリと光る「センス」というものがあるような感じがしますが、そういうことじゃないということを説明されている本です。
 
まさに、建築もいろんなセンスが必要とされる職業じゃないでしょうか。依頼いただいた方の予算配分もセンス次第ですし、要求される事柄のまとめ方もそうですし、もちろん、立ち上がってくる建物についてはまさにセンス次第で良くも悪くもなってきます。それが、知識からはじまるんだという認識は読むまでまったくありませんでした。
 
水野学さんは、センスとは誰にでも備わった身体能力と書いています。センスのよさはとはミステリアスなものでもないし、特別な人だけに備わった才能ではないと。それをどう育てているか、どう使っているか、どう磨いているかだいうことが書いてあります。
 
これを読んでから、住宅のことを考えると確かにセンスの悪い住宅に共通な事柄などが見えてきたりして、なるほどと実感することがありました。あいまいなセンスという言葉に対して、このような真摯な姿勢で取り組んでいるからこそ、いろいろなクリエーションがあるのだと思います。とても、論理的なセンスのお話がおもしろいので、ぜひ読んでみてください。

2014.12.27

伊礼智の「小さな家」70のレシピ

irei70
 
僕の好きな建築家の一人伊礼智さんの本です。建築の本というと、難しかったり、専門的だったりするのですが、この本は建築の専門でない方でも、エッセイを読むように読み進められると思います。
 
この本のまえがき部分にこう書いてあります。
 
小さな家でおおらかに暮らす
 
この言葉がとても印象的でした。とかく、小さな家というと、どうしてもマイナスのイメージに捉えられがちです。ただ、これからはそういう時代ではないだろうと私も考えています。小さくても、快適で、素敵な家に住むことで、日々心地よい生活が送れる。無理に大きくして、快適さが損なわれてしまっては、せっかくの新居での生活も台無しです。伊礼さんは「クールなウサギ小屋」と表現していますが、まさに私がめざしたい住宅もそういう小さくても豊かな暮らしです。
 
ただ、小さい家はなかなか難しく、いろんな工夫をしないと魅力的な空間にならないことも事実です。その小さい家のレシピが70個載っているので、これを読んでいただければ、小さくても住宅は豊かになるんだと気づいてもらえるのではないでしょうか。

2014.12.20