コルポ建築設計事務所

BLOG

和室にも使える椅子

天童木工 松村勝男 アームチェア T-5111WB-ST
 
この椅子は、先日紹介したPESCAと同じデザイナー松村勝男氏による天童木工のアームチェアT-5111WB-STになります。近頃は、いろんなところの和室に椅子とテーブルが置かれるようになってきました。やはり、足腰の負担を考えると畳の上に座るよりもそのほうが僕も楽に感じますので、そういう傾向は多くなるでしょうね。
 
その流れで家の中の和室にも、椅子とテーブルを置こうとされる方も多いのではないでしょうか。そういう時におすすめしたいのが上の椅子になります。この椅子であれば、和室においても、フローロングの部屋においても、どっちでも使える椅子になると思います。和室に置く家具というと、どうしても和の雰囲気になりがちですが、そうすると和室にしか使えなくなってしまいます。長く使うことを考えると、なるべく汎用性の高い家具のほうが使い勝手が良いので、こういう椅子を和室に置いてみるのもよいのではないでしょうか。
 
ただ、前回のPESCAほど懐にやさしいお値段ではないのが残念ですが、それだけの価値はあると思います。
 
T-2001NA-ST 天童木工 サイドテーブル
 
そして、あわせるテーブルは天童木工のこういうテーブルがよいですね。
 

2015.04.29

天童木工 PESCA

天童木工 松村勝男 PESCA
 
ちょっと気になるダイニングチェアを発見しました。山形を代表する企業である天童木工による松村勝男氏デザインの椅子。座りやすく壊れにくいシンプルなつくりで、1982年の発売からわずか4年で1万脚を売り上げたという大ヒットした椅子なんですね。
 
この椅子、なんというかとても日本的な雰囲気がするダイニングチェアではないでしょうか。大きいサイズでもないので、日本の住宅事情にとても合うような気がします。そして、山形は天童木工さんが近いので、修理しながら、末長く使うことができるという点も、うれしいところですね。
 
また、天童木工さんの椅子は張地をいろいろなグレードから選べるようになっております。僕がおすすめしたい張地プランがあります。それは、新婚時代はお金もないし、小さいお子さんがいれば、張地はすぐ汚されてしまいます。なので、子供さんが小さいころまでは、グレードの低いビニールレザーを購入します。そして、汚される心配がなくなってきたら、少し上の布の張地に変更しつつ、模様替えをします。また、少し使い込んできた頃に、さらに上のグレードにして、それを大事に使い続けるというプランです。これで、余裕で30年ぐらい使えそうです。そんな風に愛着をもって、使える椅子になれると思います。グレードの低いビニールレザーで3万円を切っている価格も魅力です。
 
値段が安いのも大事かもしれませんが、末永く使うという前提で家具を選ぶこともおなじくらい大事なことですね。
 

2015.04.27

Essay Table

Essay Table
 
上のテーブルは、おすすめのダイニングテーブルというか、僕が今いちばん欲しいダイニングテーブルになります。
 
家具は一度購入してしまうと壊れたりしない限り、なかなか購入するタイミングってないですよね。だから、とりあえずということで買った家具が、ずっと家の中にあったりということがよくあるんですが。。。なので、家具を購入する際は、いろいろと検討に検討を重ねた上での購入をおすすめしています。わが家にあるダイニングテーブルは、アクタスというメーカーのものをお祝いにいただいて使っておりました。かれこれ、10年程になるのですが、だいぶ天板の表面が傷んできておりまして、そろそろ買い替えかという話が持ち上がっております。
 
そんな状況のなか、探していて見つけたテーブルがこのEssay Tableです。デザインはCecile Manz(セシリエ・マンズ)という1972年生まれのデンマーク出身のデザイナーによるもの。
 
Essay Table
 
一緒に購入した椅子は布貼りの椅子でしたので、子供による落書きやらよごれやらで、座るのがためらわれるほどに汚れていましたので、すでにセブンチェアに買い替えておりました。そこで、このテーブルとセブンチェアの組み合わさった写真を見つけたのですが、それがとてもとてもよい雰囲気でした。上の写真になりますが、どちらの椅子もテーブルもシンプルなのですが、とても存在感があるんですよね。
 
それから、じぶんのダイニングにこのテーブルがあることを妄想しておりますが、なにせ一番小さなW190xD100cmのサイズでも、定価が64万円ぐらいするので、その妄想が現実になる時がくるのかと言った感じですが、ブログに書くのは自由なのでということで書いてみた次第です。買える方は、ぜひ購入してください。そして、見学させていただければと。。。
 

2015.04.21

無印良品のあかり

無印良品のWEBページ「無印良品のあかり」があたらしくオープンしたようで、無印好きとしてはとても気になります。「丸」、「半球」、「台形」、「楕円」、「四角」といった、定番として残ってきたかたちを用い、ペンダントライト・フロアライト・スタンドライトの3種類の照明器具を展開していくようです。
 
無印良品のあかり 丸
 
これは丸タイプ。半透明なアクリル製で、電球を挿入する部分のキャップも同じアクリルにすることで完全な丸のあかり。
 
無印良品のあかり 半球
 
これは半球タイプ。ランプシェードの典型である半球のドーム型のあかり。
 
無印良品のあかり 台形
 
これは台形タイプ。シェードは半透明で光を透過し拡散するものと、不透過のタイプで白と黒があります。
 
まずは、上記の3タイプが発売になりました。なんだか、パナソニックの深澤直人さんによるものとそっくりに見えるんですが、同じものではないんだろうか。。。
 

2015.03.26

コスモシリーズワイド21 スイッチプレート

昨日のコンセント繋がりで、今日はスイッチプレートのお話を。
 
WTC7101W コスモシリーズワイド21 スイッチプレート ラウンドタイプ
 
上の写真は、よく見るスイッチプレートではないかと思います。パナソニック コスモシリーズワイド21 スイッチプレートになります。よく見るだけのことはあり、2013年にはロングライフデザイン賞も受賞したりしているプレートです。実は、このシリーズ、色が3色(ホワイト、ベージュ、利休色)から選べます。ほとんどはホワイトなので、ベージュとか利休色を見つけると何か貴重な気がしてきます。そして、さらに大切なポイントがあります。なにかというと、上の写真はラウンドタイプという形状になります。
 
WT8101W コスモシリーズワイド21 スイッチプレート スクエア
 
そして、こちらはスクエアタイプという形状になります。パッと見た瞬間に違いが分かる人もいれば、わからない人もいると思いますが、スイッチプレートの角の形状が丸いか四角いかの違いだけになります。あえて、だけ、と書かせていただきましたのは、そこだけしか違わないので値段は一緒だからなんです。僕は、断然角が四角いほうがステキに見えるので、スクエアタイプを標準にさせていただいております。
 
もっとステキなスイッチプレートもたくさんありますが、値段と機能のバランスを考えて、これで十分ではないかと思います。スクエアタイプが好みの方は、きちんと設計者、もしくは施工会社さんに伝えてください。たぶん、何も言わないとラウンドタイプが付くことになると思うので。。。
 

2015.03.21