コルポ建築設計事務所

Interior

子ども部屋に時計購入

kodomo-clock
 
最近になってようやく、子ども部屋に時計を購入しました。上の子はもう6年生なので、もっと早く購入したほうが良かったと思います。ですが、なかなか気に入ったものが見つからずにのびのびになっていました。以下のような条件で時計を探していました。
 
・電波時計であること(時計合わせの調整がなく、非常に便利なので)
・シンプルなもの
・あまりこどもっぽくなりすぎない程度の可愛らしさがあるもの
 
電波時計でシンプルなものは増えてきていましたが、3番目の条件に合うものがなかなか見つかりません。子どもっぽいものは、とことん子どもっぽかったりして、決め手にかけていました。思い出しては探し、また思い出しては探していたのですが、ふとした時に見つけて購入したのが下の時計です。
 
campagne
 
株式会社タナカレムノスのCampagneという時計。これを見つけたときには、ようやく時計探しが終わるんだと思えて、うれしかったです(笑)
 
身の回りにあるものすべてこのように吟味していけば、より豊かな生活ができるのかもしれません。実際はいろんなもので溢れがちな家の中なので、年末ですし大掃除でいらないものをどんどん捨てていこうと思います。
 

2016.12.13

MUUMUU

toyo-p1
 
暖房器具で有名なトヨトミが創立66年目にして、はじめて製作したペレットストーブ「MUUMUU」です。偶然見つけたのですが、なかなかよい佇まいですよね。実際の使い勝手がどうなのか非常に気になるところです。見た目も大事なことですが、使い勝手が良くないとがっかりということがありますので。
 

2016.12.03

帰ってきた低座椅子

teiza2
 
3週間程前にリペアに出していた低座椅子とテーブルが本日戻ってきました。
リペア前の写真も載せようと思っていましたが、あまりにも汚すぎたので載せるのをやめてしまいました。ですが、とても見違えるほどキレイになって帰ってきてくれました。
 
teiza1
 
こういう家具の時間を経て木が灼けた感じや、多少の傷などは新品の家具とはまた違い、独特の魅力が感じられますよね。長く使い続ける魅力がとてもよくわかった気がしました。受け継いでいける家具は、とても素晴らしいと思います。
 
teiza3
 
テーブルに書かれた落書きなどは、すっかりなくなってキレイになりました。多少のシミや傷などは時間を感じさせてくれる貴重な痕跡です。家具もそんな風に長く使い続けたいですし、その家具の入れ物になる家自体も、そうでなくてはいけないですね。
 
teiza4
 
こういう製品に貼ってあるシールを見ても、年代によって微妙に変わっているそうです。そんな話を聞いたら思わずアップで撮ってしまいました。良いものを長く使い続けていく。そういう気持ちをあらためて感じさせてくれた低座椅子。また大切に使っていこうと思います。
 

2016.11.09

卓球台と工場見学

tdm1
 
昨日、家にある天童木工の低座椅子をリペアに出したのですが、その時にあの卓球台を展示していることをおしえていただきました。なので早速、椅子の張地の確認をしながら、天童木工ショールームに。
 
tdm2
 
そして、階段上がったすぐのところにありました、テレビで見たあの卓球台が。学校や旅館ぐらいでしか卓球台は見たことありませんでしたが、存在感がまるで違います、当たり前ですが。展示が今日までということで、なんとか滑り込んで見ることできてよかったです。
 
tdm3
 
さらに、工場も案内していただけるということで、工場見学もしてきました。天童木工の社屋は前事務所の作品でしたが、工場見学のチャンスはありませんでした。ですので、はじめての体験でしたがこれがまた興味深く、楽しく見学させていただきました。たいへん丁寧な仕事ぶりに圧倒され、そして天童木工さんの家具が欲しくなりました。
 
家具をご検討の方は、一度ショールームに行ってみると、とても参考になると思います。
 

2016.10.20

タチカワブラインド「スリーウェイスタイル」 

 
スリーウェイスタイル タチカワブラインド
 
タチカワブラインドの新しい上部採光/下部遮蔽機能を搭載したブラインドがなかなか使い勝手が良さそうです。今までのブラインドだと、全部閉じるか、全部開くかの選択肢しかなかったわけですが、それにくわえて上だけ開けると下だけ開けるの2択がさらに追加されたことになります。これは、とてもすごいことに感じるのは僕だけでしょうか。上下の切替高さも変えられるようなので、使い勝手がさらに広がりそうです。
 
スリーウェイスタイル タチカワブラインド
 
しかも、こういう部分がとてもだいじだと思いますが、グリップ1本できちんと操作できるところが、また素晴らしいと思います。グリップを左右にまわすことで、ブラインド全体の開閉(回転)ができ、グリップを引くことで、ブラインド下部または上部のみ、スラットを閉じることができます。せっかく3wayにできたとしても、操作が複雑になってしまっては、魅力半減ですから。
 

2015.05.01