コルポ建築設計事務所

BLOG

AKARI F-117

AKARI F-117 イサムノグチ
 
家の吹抜に吊るされているイサムノグチのAKARIシリーズF-117です。誰もが一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。私もこの照明器具にあこがれていて、吹抜にはこれと決めていました。和紙と竹でつくられているので、和風っぽく感じられそうですが吊るしてみると、日本の住宅にとても似合う照明器具だと思います。僕と同じように、吹抜にはこの照明器具を計画されている方もいらっしゃるかもしれません。
 
ここからは、そのあこがれの照明器具を使ってみての感想です。雰囲気や機能上の問題は特にありません。ですが、厄介だったことがひとつだけありました。それはお掃除なんです。ただでさえ、吹抜に吊るす照明器具なのでお掃除は難しいのですが、その形状と素材があいまって、よく綿ごみがくっつきます。この凸凹したカタチのでっぱりの部分によく溜まっていて、それは外側と内側両方に溜まるので、気になる方はきっと気になると思います。どんなものでもそうだと思いますが、カタチだけで決めてしまうと、後で大変になることがあります。それでも、この照明器具は掃除のことを差し引いても、付けてよかったと、僕は思っています。家人がどう思っているかは別ですが。。。
 
ですので、ホコリを気にされる方は、もう少し表面が滑りやすい素材であれば、少しお掃除の手間が減るのではないかと思います。でも、照明器具はカタログだけでも、すごく厚いカタログが数社分あったりするので、まともに選ぶとすごく大変だと思います。なので、設計をお願いしている人にある程度は提案してもらってから、検討するほうがよいと思います。
 

2015.02.21

ジェネリックプロダクトとは

ジェネリックプロダクト
セブンチェアという椅子をご存知でしょうか。デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンの代表作の一つで、1955年、アントチェア(アリンコチェア)の後継モデルとして発表されました。僕が好きな椅子のひとつで座りごこちも、見た目も大好きで、家にも何脚かおいてあります。ということで、上の写真はセブンチェアなんですと、言いたいところなんですが、実は違う椅子です。
 
見た目はほとんどセブンチェアなんですが、これがジェネリックプロダクトというものです。ジェネリック医薬品というのは、一般的に聞くようになって馴染んできた感もありますが、ジェネリックプロダクトは同様の考え方でつくられたプロダクトのようです。つまり、デザインの版権の期限が切れた製品を、「ジェネリックプロダクト」という考え方のもとに再生産したものというわけです。なので、見た目はセブンチェアそっくりでも、お値段が1/2~1/3で購入できてしまいます。
 
薬ならば、効能が一緒ならいいやと割り切れますが、これが椅子になると僕はなかなか割り切れなく感じています。それがブランドの価値ということなのでしょうか。残念ながら、僕は実際にジェネリックプロダクトに触れていないので、実際に見て触れてどうなのかはわからないのですが、触れてみて違いがわかるなら選ばないでしょうけど、わからなかったらどうしようかと迷うかも知れないです。
 
しかし、何をするにも予算がついてまわるので、ひとつの選択肢としてこういうものがあるというのを頭に入れておいてもらえると、少し選択の幅が広がるのではないでしょうか。扱っているのはE-comfortという会社になります。ショールームが郡山にあるので、ささっと高速で行ってみれると思います。家具は触れてみないとわからないので、僕も行ってみたいと思います。
 

2015.02.07

スイッチプレート

PFS トグルスイッチプレート
 
写真は先日オープンハウスでお邪魔したコロンコーポで見つけたスイッチプレートです。建物はいろいろな部材からできているので、それをひとつひとつ吟味して、選定していく作業でもあります。いつも見慣れたスイッチプレートと違うものを見ると新鮮ですよね。
 
これは、パシフィックファニチャーサービスのトグルスイッチプレートです。このスイッチは、昔の機械にあったようなスイッチで、オンオフの切替をするのが気持ち良さそうです。
 
PFS トグルスイッチプレート
 
同じ色で表面仕上げが2種類あり、つやのある光沢表面と、ペンキでぬったようなマット表面から選ぶことができます。個人的にはあまり光沢がないほうが、空間に対して主張しないので馴染むと思います。プレートと一緒にトグルスイッチも必要なので、購入の際はお忘れのないように。
 
PFS トグルスイッチプレート
 
光沢のあるなしと表面の色と素材を合わせると、全部で5種類のプレートがあります。ステンレスのプレートに黒のスイッチの組み合わせも、しっかりした雰囲気でいいですね。また、機会がありましたら、プレート等紹介しますので、家づくりの参考にしてみてください。

2015.01.17

MUJI+KITCHEN ステンレスユニットシェルフキッチン

muji_kitchen
 
住まいづくりにおいて、キッチンはいろいろと要望があるところだと思います。無印好きな人はご存知かもしれませんが、こういうキッチンもあります。無印良品で定番となっているステンレスユニットシェルフをベースにして、つくったキッチンです。
 
これの良いところは、住まい手の方が自由にカスタマイズできるというところではないでしょうか。既成品のキッチンをいれるにしろ、制作したキッチンをいれるにしろ、なかなか後から手を入れることは難しくなると思います。ですが、このキッチンなら、規格の中で自由にカスタマイズできるんですね。使いながら、変えられるというのはうれしいポイントです。
 
muji_reizou
 
そして、一緒におすすめしておきたいのが上の無印の冷蔵庫です。これの小さいサイズを結婚した時に使っていました。家を建てた際にもこの冷蔵庫を買おうとしたのですが、その時にちょうど廃盤になっていて買えなかったので、次はこの冷蔵庫にしようと決めている冷蔵庫なんです。買い換える予定のある方は、ぜひこの冷蔵庫を使ってみてください。なくならないといいんですけど。

2015.01.13

おすすめペンダント

昨日アップしたブログの写真はわが家のダイニングの照明器具でした。Louis Poulsen(ルイス ポールセン)という北欧はデンマークの照明ブランドのものになります。Louis Poulsenのラインナップの中でも安価だったこともあり、それに決めた記憶があります。
osusume_pendant
 
一方こちらは、おすすめというか僕が今使ってみたいペンダントになります。IDEEのKULU LAMPです。ハワイ語で「雫」という意味をもつランプで、とてもシンプルなのですが形状とあいまったその佇まいがお気に入りです。照明器具は一度つけてしまうとなかなか頻繁には交換しないと思いますので、できるだけシンプルな空間の邪魔をしないようなものを選ぶようにしています。また、この照明はカラーバリエーションが4色(ホワイト、ブラウン、ブルー、ネイビー)あり、今なら「MUJI meets IDÉE」限定カラーのオリーブもあります。これだけ色があると、好きな色を選んでもらったりもできるので、ダイニングの照明におすすめしたいと考えてます。
 
Toldbod_155
 
そしてこちらは、僕が大好きな建築家伊礼智さんがよくダイニングに使用するペンダントです。これもLouis Poulsenで「Toldbod 155(トルボー155)」になります。このペンダントもぜひ使ってみたい照明器具のひとつです。とてもシンプルなのですが、心に残る照明器具だと思います。同じ空間でも、照明器具が違うだけで、雰囲気もガラッと変わってしまうので、設計の際にもたいへん気を配るところでもあります。

2015.01.08