コルポ建築設計事務所

Movie

妖怪観賞

youkai
 
子どもたちは23日より冬休みに突入して、羨ましい限りです。そして、この時期になると妖怪観賞の季節となります。今年も下の娘と一緒に観てきました。
 
上の娘は小学6年生なので、もう映画観に行ったりするのは友達と一緒、という年頃です。なので、下の子ともあと何回観られるかもわかりません。途中寝てしまい話がとぎれとぎれになったりしますが、頑張って観に行きたいと思います。幸い好みが一緒のようなので、来年の春のドラえもんも一緒に見る約束もしてきました。
 

2016.12.25

バケモノの子

theboyandthebeast
 
細田守監督のアニメ作品が大好きで、公開されると早く映画館に観に行きたくなります。今年も「バケモノの子」が公開になっているので、早速観に行きました。お盆前に家族で鑑賞してから、お盆休みに一人でじっくりと観る機会もあり、堪能しております。
 
映画とともに楽しみなのが、関連する書籍なんです。公開に合わせて、いろいろな関連本が出るのですが、丁寧にだいたい買ってしまうぐらい楽しみになっています。そんな本の中で、細田監督の考えなどに思い巡らせながら、また映画を観るとさらに楽しくなったりと、そんな密かな楽しみがこの夏の思い出に。
 
細田監督関連の本を読んでいて、アニメーションというのはとても多くの人が関わって出来上がることを知るわけですが、そういえば、建築物も多くの人の手によって出来ているなぁと改めて感じたり。出来上がってくるものは、全然違うものですが、多くの人が関わったものが出来た喜びには、なにか共通のものがあるのではないだろうか。。。そんなことも考えながら、観るとまた違ってくるものがあったり。
 
本当は、建物ひとつひとつが映画ひとつひとつと同じように、いろんなストーリーがあるんですよね。それを紡いで行く仕事ができてると思うと、さらに頑張ろうと思ったお盆休みになりました。
 

2015.08.17

映画『だれも知らない建築のはなし』

 
映画『だれも知らない建築のはなし』
 
 
この映画は、2014年の『ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展』で上映された映像作品『Inside Architecture- A Challenge to Japanese society』に、追加撮影された新たな映像を加えたものなんだとか。ぜひ見てみたいです。順次全国公開らしいのですが、その全国に山形が含まれるのかどうか、とっても微妙な気もします。。。『だれも知らない建築のはなし』なんて、普通の建築自体誰も知らないはなし的な感じだし、とてもマニアック過ぎて一般の人が見るとも思えないし。。。
 
なので、トークショーなどと絡めて、芸工大でやってくれないかなぁ。5月からなので、今年中に山形でやってくれたら、それでいいんですが、ちょっと楽しみに待ちたいと思います。
 

2015.03.17